GPS - GEEKS Pocket Scan -

GEEKSの いろんなモノが つまってる

二項対立を解体する その2

 こんにちは、奥田です。

 

昨日ご紹介した「二項対立を解体する」に類似したお話しを見つけたので、

こちらも皆さんにご紹介してみようと思います。

 

まずは、こちらの記事を読んでいただきたいです。

 

workxband.hatenablog.com

 

「バンド活動」と「仕事」という二項対立に対して、次のような手法で解体しているのがよくわかります。

 

1)不安を明確にする

  

  対立項目いずれかのせいにしてしまいがちな不安要因を明確にすることで、

  正しくとらえて個別の独立した事象として対処法を選択する。 

 

2)責任を負う

 

  対立項目のどちらか一方に重心をかけるのではなく、

  双方と実直に向き合うことで、互いが関係性によって成り立つことを理解する。

 

3)環境・ツールを最大限に利用する

 

  互いの関係によって成立している状況やそこから発生したツールを

  有効に使いこなすことで一方の問題だけではなく双方の問題を解決していく。

 

<結論>

「仕事もバンドもちゃんと責任もってやる」という気持ちでがんばるといいことある

 

 どちらも自分の人生を楽しくするために存在しているのに、言い訳に使ってしまっているケースが多い。

 どちらかをなぁなぁにするのではなく、ちゃんと責任をもってやればどちらでも自由が得られるということですね。

 

 

事例を変えてみると、きちんと仕事に向き合えていないことを見透かされているから、「私と仕事、どっちが大事なの?」なんてつめられることになるわけですね・・・