GPS - GEEKS Pocket Scan -

GEEKSの いろんなモノが つまってる

社会性と他者性

こんにちは、奥田です。

 

あまり梅雨っぽくならないですね?って書いた途端に雨が降りました。。

今日は「社会性と他者性」について書いてみたいと思います。

 

社会性と他者性」これも先日に見ていたテレビで出てきたワードです。

今日もわかったような、わからないような言葉ですね。
「社会性」はwikiがありました。

社会性 - Wikipedia

 

「他者性」はwikiがありませんが、簡単に表現すると、

自分とは異なる他者としての特性や違いを認識して受け入れる、といった感じでしょうか。

 

昨日は「脱構築」で既成の概念にとらわれずもっと良い職場を作っていきたいな〜

・・というような考えを書いたわけなのですが、そこに「社会性と他者性」が抜けてはいけないなと思ったのです。

 

”単独で成立し、決して変化せず、何者にも関係していない存在などこの世にはない”

 

優れた人が考える「良い職場」という視点から見れば、

現実の職場や周囲の人はとても劣悪な環境であったり愚鈍な人なのかもしれません。

 

ですが、「理想の職場」「理想の会社」は今の環境や、今いる人達の存在なくしてあり得ないと思います。

 

周囲との関係性や今ある状態をしっかりと認識し、受け入れた上で、

悪い部分に執着することなくお仕事進めていきたいな〜と思います!